【特価本】寺山修司劇場 『ノック』

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示

閉ざされたドア、

閉ざされた心をノックしてみる



紹介

名台詞と貴重な写真で綴る演劇実験室・天井棧敷の軌跡。

約2万点の写真の中から厳選した写真と寺山修司の珠玉の台詞で綴る

演劇実験室◎天井棧敷の軌跡


本書は、青森の文学少年だった10代、脚本家として活躍した20代、

劇団「天井棧敷」を立ち上げ、ついには世界へと挑戦していった

寺山修司の独自の思想と活動を紹介する。


「戯曲は文学ではない」と寺山修司は考えていた。

言葉を本に閉じ込めるのではなく、役者の声によって、

生き生きと甦らせ街へと飛び出した。


東京、青森、フランス、ドイツなどヨーロッパ各地で市街劇と

呼ばれる独自の公演の詳細を初公開の写真も加え紹介する。


その他、寺山自身の手による写真作品や多くの貴重な

ドキュメント写真も豊富に掲載します。



目次

青森県のせむし男
大山デブコの犯罪
毛皮のマリー
時代はサーカスの象にのって
人力飛行機ソロモン
邪宗門
阿片戦争
盲人書簡上海篇
市街劇ノック
疫病流行記
阿呆船
奴婢訓
観客席



出版社: 日東書院本社

著者:ワタリウム美術館(著),

出版年:2013年7月

変形A5判:255ページ

定価:2268円(税込)


●特価本の為、地に赤線またはバーコード部分に自由特価本シールが貼られております。 また古本とは違い、出版社過多在庫になるため、コンディションは痛みやダメージなどは見受けられません。


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています