・評論

表示件数:
1

(カテゴリ内:27点)

  • 棚から一掴み 総集編 4-5-6
    棚から一掴み 総集編 4-5-6
    評論・情報・鉄道・ミリタリ・スポーツ・歴史・体験談・デザイン・ガジェット…etc. コミケやイベントで筆者が実際に購入した、ちょと変わった、しかし抜群に面白い同人誌を紹介する同人誌。

    『棚から一掴み』総集編第二弾。今回は2012~2014発行の以下を収録。
    第4号:【特集】はじめて買う!評論・情報・趣味系同人誌ブックガイド2012
    第5号:【特集】コミケットサービス店舗で評論系販売再開
    第6号:【特集】京都・大阪で評論・情報・趣味系同人誌を買えるお店2014

    バックナンバーを持っている方でも楽しめる一冊。書きおろし記事も多数掲載です。

    ※表紙の画像に”見本シール”がついておりますが、商品にはついておりません。

    発行:KZA2企画
    判型:B5版 112ページ
    発行日:2017年5月6日
    972円
    在庫あり
    注文数:
  • 棚から一掴み 第10号
    棚から一掴み 第10号
    評論・情報・鉄道・ミリタリ・スポーツ・歴史・体験談・デザイン・ガジェット…etc. コミケやイベントで筆者が実際に購入した、ちょと変わった、しかし抜群に面白い同人誌を紹介する同人誌。

    今回の特集は人気企画「はじめて買う!評論・情報・趣味系同人誌ガイド2017」
    「こんな本読んだことない!」「これぞコミケの醍醐味!」など、近年好評な評論・情報・趣味系同人誌ジャンル。このジャンル誕生の歴史、おすすめ本、コミケ以外での購入場所、同人誌情報の入手方法などの情報を、初心者の方にむけ徹底解説。

    特に今回は第10号記念として、コミケット準備会配置責任者の里見直紀氏にインタビューを敢行。ジャンル制度に興味ある方も必見です。

    ※表紙の画像に”見本シール”がついておりますが、商品にはついておりません。

    発行:KZA2企画
    判型:B5版 40ページ
    発行日:2017年8月13日
    540円
    在庫あり
    注文数:
  • 交通表象 第三号
    交通表象 第三号
    ー道を継ぐものー


    鉄道、自動車、航空機、船舶、道路、都市、インフラなど"交通"に関するすべてを対象とした自由投稿誌。
    人文学系、工学系、趣味系なんでもアリのコミケ鉄道島としては数少ない総合同人雑誌。

    ・表象としての「地方私鉄」
    ・国鉄総裁が「鉄道官僚」だった頃 ~官僚人事に見る鉄道省と国鉄~
    ・物流環境から見る現代鉄道貨物とその歴史
    ・軽快気動車の系譜 ~NDC と LE-Car~
    ・呑み鉄千鳥停車
    ・名鉄電車私観 東海道線の充実と名鉄の成熟
    ・矢作川を跨ぐ交通 後編
    ・伊勢志摩サミット狂・乱・記 ~三重県の交通の現場から~
    ・近畿日本鉄道 特急車形式の変遷 前編


    〈関連〉

    1,188円
    在庫あり
    注文数:
  • 「私の、内なる戦い〜“生きにくさ”からの表現」 TH No.71
    「私の、内なる戦い〜“生きにくさ”からの表現」 TH No.71




    別に、戦闘機が飛んでいるわけでも、空襲警報が鳴り響いているわけでも、
    戒厳令が出ているわけでもないが、
    もしかしたら、いまの日本はある意味、戦時下に近いものがあるのかもしれない。

    それは、北朝鮮が云々、テロが云々、原発が云々、ということだけでなく、
    むしろもっと身近なところに、格差や差別、虐待、もしくはさまざまな重圧等があり、
    実際に銃を持たずとも、われわれは、
    心の中では見えない銃をずっと構え続けていたりするのだ。

    それは、非常にプライベートな戦いなのかもしれない。
    でも、そうした荒波に立ち向かうか、そこからうまく逃れるかしなければ、
    生き抜いてはいけない。

    なるべく敵を寄せ付けないようにするなら、ひきこもるのもひとつの手段だし、
    ネットに潜って、心地よさ気な別世界を遊び場にするのもよかろう。
    もしかしたら、ライトノベルやアニメの多くは、
    そうした内なる闘争を明に暗に描くことで支持されてきたのかもしれない。
    絵画その他の表現とかだって、陰鬱な空気感や傷などで、そうしたものが暗示されたりするし、
    問題提起や挑発もあったりする。

    そうしたいわば、生きにくさから生まれてきた表現を、
    もちろん日本のみならず少し垣間見て、生きることについて考える――

    =================
    ■主な内容
    =================
    三浦悦子の世界〈6〉「Alice11景」
    渡辺篤〜ひきこもり体験を、アートを通じて「生」につなげる●志賀信夫

    辛しみと優しみ29●人形・文=与偶
    与偶〜人形によって人に何かを与え、それが自身の〝生〟も支えている。

    石塚桜子〜一筆一筆に感じられる、祈りのような叫び●松本寛大
    新宅和音〜ルネサンスの様式で描く、思春期の少女の〝受難〟
    戸野塚はづき〜赤ん坊を襲う苦しみと、その解放
    美島菊名〜少女は、世界を変える!
    椎木かなえ〜世界への違和感との、静かな格闘

    四方山幻影話32
     若林美保インタビュー〜ストリッパー・わかみほという生き方●写真=堀江ケニー/取材・文=沙月樹京

    何が彼女をそうさせたか?〜戦う女たちのレジリエンスと内なる傷痕●浦野玲子
    深夜アニメとジェンダー〜政治・経済・社会のメインストリームの外で●本橋牛乳
    リセットの想像力〜『アイアムアヒーロー』と『シン・ゴジラ』、または『新世紀エヴァンゲリオン』から『けものフレンズ』まで●梟木
    ドッペルゲンガーと生き辛さ〜世間体、ナルシシズム、自撮り●市川純
    グレンフェル・タワー火災考〜私の戦争と世界、または自由表現闘争について●釣崎清隆
    世界から、自分からの逃走術〜この世の中を生き延びるために●日原雄一

    管理社会の生きにくさの正体〜未来を予見した3つの小説から読み解く●べんいせい
    バートルビーとカフカの労働をめぐって●柏木静
    ニジンスキーの後半生〜『神との結婚』以降、狂気との戦い●並木誠
    すべてはスクールカーストから始まった〜わたしたちの生きづらさの原点である教室での日々●待兼音二郎
    日本人は全体主義が大好き〜こんな日本は、生きやすいか生きにくいか●友成純一

    《コミック》 DARK ALICE 22. ブレット●eat
    DA TEN SHI NO HAI KAI●ごとうゆりか
    《小説》 僕は叫ぶ●最合のぼる

    こやまけんいち絵本館29「教室」●こやまけんいち
    一コマ漫画「生難と紛紜への闘争」●岸田尚

    Review
    山本夏彦「何用あって月世界へ」●日原雄一
    笙野頼子「ひょうすべの国」●梟木
    樺山三英「ジャン=ジャックの自意識の場合」●田島淳
    デボラ・カーティス「タッチング・フロム・ア・ディスタンス」●岡和田晃
    ほか

    立体画家 はが いちようの世界17〜白い石炭商人●はが いちよう
    書物の百物語《三》ノストラダムスと終末論●樋口ヒロユキ

    TH RECOMMENDATION
    社会派国際芸術祭「ドクメンタ14」レポート〜合理的なシンプルさが多様な価値観を許容する、カッセルで体験したドイツ的思考の未来感●ケロッピー前田
    ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」直前レポート●ケロッピー前田
    蜷川幸雄が一周忌。追悼公演として「NINAGAWA・マクベス」が世界ツアー中。●高浩美
    「オッド博士の美少女図鑑」出版記念展〜狂気の天才科学者・オッド博士が還ってくる!
    「ephemeral〜少女たちの領域 2017」/根橋洋一展〜少女をめぐる幻想
    森環展〜森環個展が東京、金沢へ!
    谷敦志写真集発売記念〜収録作品プリント販売会〜異型の写真家、谷敦志の集大成となる豪華写真集が発売!
    髙木智広個展「兎狩り」/愛実個展「LUST」〜原初の力を浮かび上がらせる
    柳生忠平の妖怪がポストカードブックに
    黒沢理菜個展「感情をなぞる」/公募グループ展「邪教の王国」〜SUNABAギャラリーが中崎町に移転
    絵楽塾/甲秀樹展〜絵楽塾、第5期生を募集中! 甲秀樹監修の男性ポーズ集発売!!
    岸田尚個展〜一コマ漫画の原画も展示
    「レプリカントの視る夢」「秋の熟女まつり」ほか〜賑やかなグループ展の数々
    金滿里ソロ公演「寿ぎの宇宙」〜さまざまな死に向き合い、悼む、劇団態変・金滿里のソロ
    19世紀の初訳の童話と、ファンタスティック映画探訪記
    山下健一郎個展「猫は静かに暮らしたい」〜穏やかな日常を過ごす猫たち
    目羅健嗣が静岡へ! 瀬戸へ!/「2017 しずおか猫アートコレクション」「第22回 来る福招き猫まつりin瀬戸」
    「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」〜バレエ界の反逆児、ポルーニンの複雑な内面
    「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2017」〜アジア映画は面白い!
    陰翳逍遥27〜「神の〈北〉へ」、ジャコメッティ展、「THE PAINTER」、山下洋輔×トマツタカヒロduoシリーズ

    TH FLEA MARKET
    加納星也、友成純一、小林美恵子、志賀信夫、ケロッピー前田、高浩美、村上裕徳、立原透耶、
    岡和田晃、いわためぐみ、三五千波 ほか

    表紙=堀江ケニー/モデル:若林美保

    =================

    出版社:   発行:アトリエサード/発売:書苑新社

    出版年:2016年10月

    A5判:208ページ

    定価:1500円(税込)


    こちらは新本での取扱になります。

    1,500円
    在庫あり
    注文数:
  • 人面鳥と有翼人のイメージにみる東西文化の交流
    人面鳥と有翼人のイメージにみる東西文化の交流



    鳥と人のイメージを併せもつ動物(あるいは神)を対象とした図像学の研究書。
    人面鳥と有翼人のイメージすべてを網羅するものではないが、世界の広い地域、多分野で受け入れられてきた人面鳥や有翼人のイメージをメディアに、その諸相と伝播に関する考察を目指している。

    出版社:有限会社ソフトマシン

    著者:勝木言一郎 菅澤茂 宮下佐江子 共著

    出版年:2003/2

    B6判:351ページ

    定価:8000円(税別)


    こちらは新本での取扱になります

    8,640円
    在庫あり
    注文数:
  • 夜想#カフカの読みかた
    夜想#カフカの読みかた




    誰もがみんな読めなかったカフカ。

    誰でも読めるカフカ。

    [animation]

    山村浩二❖カフカ田舎医者
    interview●なぜ『田舎医者』なのか 聞き手/須川才蔵+ 今野裕一

    ブラザーズ・クエイの「変身」
    山下宏洋●映像を聞いて、音楽を観るーーロッテルダムにて


    -----------------------------
    [art]

    山本直彰❖未完のカフカ
    essay&photo●「ある午后」「ベットの下の荒野」
    「未完のカフカ」を前にして●今野裕一

    香川 檀● 罪の刻字、死の接吻ーーレベッカ・ホルンの処刑機械


    -----------------------------
    [stage]

    松本修/MODE❖カフカ・プロジェクト2013 三部作連続上演
    interview●カフカ作品の誘惑 現代演劇のテキストとして 聞き手/今野裕一

    高橋悠治
    interview●カフカをめぐるくねくねとした流れ 聞き手/須川才蔵+ 今野裕一

    ケラリーノ・サンドロヴィッチ/NYLON100℃
    interview●カフカをコラージュしながら横断する『世田谷カフカ』 聞き手/徳永京子+ 今野裕一

    羊屋白玉/指輪ホテル
    interview●西岡兄妹のカフカの断食芸人の指輪ホテル。
    漫画「カフカ」の朗読からスピンオフする羊屋演劇 聞き手/今野裕一

    -----------------------------
    [literature]

    保坂和志●なぜカフカは覚えられないのか


    -----------------------------
    [comic]

    柴田元幸●カフカと西岡兄妹

    西岡 智/西岡兄妹自作解説●ある「コマ割り屋」の研究


    -----------------------------
    [performance]

    カフカを読む、カフカを謡う、カフカを想う
    パラボリカ・ビスでのプロジェクト ●今野裕一

    白井 剛
    interview●朗読は運動、朗読はダンス 聞き手/今野裕一

    倉知可英●ダンスパフォーマンス
    田中美沙子●ダンスパフォーマンス
    コイケジュンコ+本原章一+ALi(anttkc)●朗読&ダンスパフォーマンス

    大谷能生●朗読パフォーマンス「変身」


    出版社:   ステュディオ・パラボリカ

    出版年:2014年4月

    A5判:174ページ

    定価:1500円(税別)


    こちらは新本での取扱になります
    1,620円
    在庫あり
    注文数:
  • 夜想#アーバンギャルド
    夜想#アーバンギャルド




    病的にポップ。痛いほどガーリー。

    アーバンギャルドって、何?



    二十一世紀東京で生まれた、少女と病を都市を詩と死でコーティングするバンド初の書籍。
    批評書にして美術書、告白本にして詩集、或いは聖書。
    メンバー書き下ろしエッセー&散文詩、楽曲&ディスク解説、活動記録総括に加え、
    蜷川実花撮り下ろしグラビア、大槻ケンヂや会田誠らの対談などの企画も充実。

    ●introduction
    詩篇:前衛都市のための前奏 松永天馬

    works with comments
    西島大介「4人はバンド?」——メンバー紹介
    上野 航「血の丸セーラー服」

    photo session
    蜷川実花×浜崎容子 
    「少女・消費・証明写真」——遺影はA写ではない

    interview
    大槻ケンヂ+松永天馬+浜崎容子 鼎談
    「性+聖=生!?」——オーケン×アーバンのサブカル少女概論 
    聞き手/今野裕一

    -----------------------------

    ●literature

    神林長平「少女神」//書き下ろし小説

    interview
    冲方 丁×浜崎容子 
    「ポップの究極は孤独」——ポップスとエンタメの少女たち 
    聞き手/高柳カヨ子+今野裕一

    松永天馬「文字で書かれたR.I.P.スティック、或いは少女Y」

    千野帽子「テクノポップはアングラだった。」
    ——アーバンギャルドとアーリーエイティーズ

    -----------------------------

    ●art

    interview
    会田誠×松永天馬 「イメージの少女、等身の少女」 聞き手/今野裕一

    「ヘビトンボの季節を過ぎても」高柳カヨ子

    works
    トレヴァー・ブラウン Trevor Brown
    山本タカト Takato Yamamoto


    -----------------------------

    ●urbangal & urbangarçon

    illustrations with comments
    前衛都市立少女美術館(夜想特別展示室)
    安蘭 aran
    今井キラ kira imai
    真珠子 shinjuko
    森夜ユカ yuka moriya


    愛(レス)をください!//アーバンギャルドと私

    青木美沙子/上坂すみれ 
    きくち伸/ケラリーノ・サンドロヴィッチ/サエキけんぞう 
    四方宏明/鈴木慶一

    巽 孝之「ますます破壊的な水玉のために」

    月乃光司/辻村深月/中田クルミ/南波志帆 
    新島進/根岸愛(PASSPO☆)/ハナエ/福田花音(スマイレージ)
    古屋兎丸 
    青山裕企/まゆたん/吉田豪
    櫻井孝昌/水島精二/夢眠ねむ(でんぱ組.inc)
    小谷真理「時にはスナップ写真のように」

    -----------------------------

    ●more deeply

    //楽曲&歌詞

    interview
    大谷能生「実存としての少女、現象としての少女」 
    ——愛をこめて、まないたにのっけてみた。 聞き手/今野裕一 

    松永天馬少女詞集


    //どっぷりアーバンギャルド

    「浜崎容子の告白」浜崎容子

    メンバーインタビュー

    アーバンギャルド アイテム図鑑

    「前衛都市のディスコグラフィ」 ——アーバンギャルドはあなたの青春を売買する
    解説/松永天馬


    出版社:   ステュディオ・パラボリカ

    出版年:2014年7月

    A5判:195ページ

    定価:1800円(税別)



    こちらは新本での取扱になります

    1,944円
    在庫あり
    注文数:
  • 夜想#少女 yaso # Filles
    夜想#少女 yaso # Filles



    少女たちは今、少しの病とともに、21世紀というターニングポイントを曲がろうとしている。
    過去から現在、そして未来に向かって変化し続ける少女たちの姿がここにある。
    (夜想編集長●今野裕一)


    mysterious power//少女の力
    宇野亜喜良●少女の復権 作家自身による少女絵本セレクション5
    稲岡亜里子●Erna and Hrefna(アトナとフレプナ)

    literature//文学と少女
    辻村深月& 今井キラ●居場所への「希望」を描くーーたとえ泥くさくても
    若島 正●『ロリータ』を読むーー果てしない読書の可能性
    千野帽子●文藝ガーリッシューー「黒い文學少女」のためのうぬぼれ鏡
    米光一成●文学少女
    村上リコ●少女と読書ーー百年前の英国の場合
    童話「バーバ・ヤーガ」訳●天野昌直
    魔法使いの少女たち 女性写真家たちによる童話世界「バーバ・ヤーガ」文●天野昌直
    エレン・ロジャース/マルタ・スクウォドフスカ/アエラ・ラベ

    borderline//境界と少女
    山本タカト●境界線上でう少女たち/描き下ろし
    岡田尊司●少女的? 拡がる病みの心性ーー境界性パーソナリティ障害
    高柳カヨ子●少女という病ーー関係性からみるアーバンギャルド小論
    赤羽卓美●「非現実」な少女たちの物語ーーヘンリー・ダーガー

    doll//人形と少女
    陽月ーー人形になった少女/文●吉田良
    中川多理ーー幻想の伽藍/文●篠塚伊周
    ジゼル・ヴィエンヌ● 『こうしておまえは消え去る』ーー少女と人形のコラボレーションのステージ
    横田沙夜●「ある夜」

    ★カバー写真/稲岡亜里子「アトナとフレプナ」より
    ★目次イラストレーション/横田沙夜「森のクリームシチュー」(2012)


    出版社:   ステュディオ・パラボリカ

    出版年:2014年6月

    A5判:48ページ

    定価:2200円(税別)



    こちらは新本での取扱になります

    1,296円
    在庫あり
    注文数:
  • 夜想# ぬいぐるみ yaso#Stuffed Animals
    夜想# ぬいぐるみ yaso#Stuffed Animals

    想いを、縫い込める。



    いつも子どものそばにいて、遊び相手や癒しの存在であったぬいぐるみが、
    心をあらわす媒体として重要な役割を担うようになっている。
    作り手の想い、持ち手の想いが込められた、かわいいぬいぐるみ達が大集合!


    PAPANDA's selection :Japanese Stuffed Animals
    日本のぬいぐるみ
    解説/北見和義

    hippie coco hippie coco
    大塚勝俊 Katsutoshi Otsuka
    ミヤタケイコ Keiko Miyata

    秋元机 Tsukue Akimotoあけつん! Aketsun!
    伊藤美奈子 Minako Ito伊藤みよこ Miyoko Ito
    今井昌代 Masayo Imai梅津恭子 Kyoko Umezu
    オカムラノリコ Noriko Okamura坂田裕行 Hiroyuki Sakata
    杉 興安 Okiyasu Sugi国本雅之 Masayuki Kunimoto
    黒ねこ事務所 queroneco谷川里砂 Risa Tanikawa
    CHiCHiTOHTOH CHiCHiTOHTOH原 優子 Yuko Hara
    ヒロタサトミ Satomi Hirotaホリサチコ Sachiko Hori
    湊敦子 Atsuko Minatoよしえだ製作所 yoshieda seisakujo
    yoshiyuki yoshiyuki 渡辺利絵 Rie Watanabe
    +
    SOOTY!SOOTY!SOOTY!
    ”耳クロ”スーティへの愛が噴き出す作家競演



    小特集「愛おしい子ら/秘蔵のコレクション」
    テディベア●後藤修一 「収集ではなく「呼吸」のように」
    アートロジャース●親川辰雄「瞳を見た瞬間に直感が動く」
    テディベア●渡邊克彦「エピソードのあるベアが好き」



    contemporary & marginal art
    //YORISHIRO、 共に生きるということ//
    境界芸術のあらたなる領域

    さとうかよ●ガスマスクと花畑
    interview●ガスマスクと花畑—実体験からさぐる世界の理

    LIEN●『海の百合』の幻獣たち 
    monologue●そのイメージと制作過程 

    岩崎なな●SPACEAFFAIR
    ●生きる、作る、祈る。—岩崎ななとあのひと

    super-KIKI●ぬいぐるみでつなぐメッセージ


    //人形とぬいぐるみ//
    レナ&ガラ・スマガ●レナとガラ/羽関チエコ

    HIROKO●君の心の扉の鍵 大切すぎて……
    photo●二階健

    みつばち@BabyBee
    monologue●人の気持を許す『ぬるぐるみ』

    michiru●1/6文化人形はお人形のための文化人形


    article
    世界中で愛されるテディベアの母  マルガレーテ・シュタイフ●礒 みゆき
    ラムビーちゃん、なかには何が詰まってる?●加藤郁美
    +

    columns
    ●Cöpan 
    ●Aquvii 
    ●きせかえのすすめ
    ●Japanese Stuffed Animals 
    ●ぬいぐるみ作家

    出版社:   ステュディオ・パラボリカ

    出版年:2012年9月

    B5判:159ページ

    定価:1500円(税別)



    こちらは新本での取扱になります。

    1,620円
    在庫あり
    注文数:
  • yaso#Bellmer–POUPÉE 夜想 ベルメール
    yaso#Bellmer–POUPÉE 夜想 ベルメール

    ベルメールの球体関節人形

    ベルメールの人形と女性たち




    球体関節人形を発見し、独自のエロティシズムを創出したベルメールを解読する。
    日本のアーティストが受けた衝撃と影響をあきらかにし、
    スーパードルフィー、ローゼンメイデンに至る今日の人形表現の拡がりを見る。
    ——人形史は螺旋を描きながら変貌していく。


    ハンス・ベルメールとウニカ・チュルン
    人形、アナグラム、タナトフィリア
    宮川尚理  Shori Miyagawa

    さまようリビドーとヒステリックな身体
    スー・テイラー Sue Taylor
    翻訳■ danuta łącka
    校閲■ 宮川尚理

    ハンスベルメールにおけるリビドー政治学
    アリス・メイホン Alyce Mahon
    翻訳■ danuta łącka
    校閲■ 宮川尚理

    Gumi Ogata
    ベルメールの廻りを巡るお行儀の悪い回想のエトセトラ
    小方倶美
    コレクション・協力◆Galleria AMICA

    ++
    ベルメールの衝撃と影響

    interview◆ Simon Yotsuya
    四谷シモン/ベルメールと私、一枚の写真が変えた運命
    写真◆篠山紀信 Kishin Shinoyama

    interview◆ Nori Doi
    土井 典/球体関節人形の原点を作り、超えていく

    interview◆ Ryo Yoshida
    吉田 良/関節人形に宿るもの

    interview◆ Saga Kobayashi
    小林嵯峨/土方巽とベルメール
    ——暗黒舞踏におけるベルメールの影響 

    ++
    球体関節人形の拡がりと浸透

    Volks
    スーパードルフィー◆ボークス
    interview◆Hideyuki Shigeta
    天使の里に降りたつ人形の心
    重田英行 (ボークス代表)

    interview◆Akihiro Enku
    スーパー・ドルフィーの原型に込める思い
    —そこには女性たちの願いとドラマがあった
    圓句昭浩(ボークス・造形村正造形師)  

    interview◆ PEACH-PIT/Banri Sendo & Shibuko Ebara 
    『ローゼンメイデン』、ドールたちに託すもの
    ピーチ・ピット (千道万里&えばら渋子)

    第三世代の人形作家たち
    ヒトガタの展望を開く◆天野昌直
    naruto陽月
    中川多理縄田みのりOs
    青野明彦mican愛実

    ++
    photo collection
    ベルメールの人形 写真発表時を軸に見る

    1934年/最初の人形『Die Puppe』●ミノトールに発表
    1934/36年/最初の人形●『LA POUPÉE」の写真
    1935年〜/第2の人形●球体の腹部誕生
    1949年/第2の人形●『人形の遊戯 Les jeux de la Poupée』
    1983年/第2の人形●没後のプリント
    1946年/相互手淫の十字架/La Croix gamahuchée」

    球体関節についての覚え書
    ハンス・ベルメール/種村季弘訳

    ハンス・ベルメール&ウニカ・チュルン年代記(クロニクル)
    ハンス・ベルメール書誌

    comics
    西岡兄妹「マネキン人形」ブルーノ・シュルツ★描下し32P
    コラム「ブルーノ・シュルツのマネキン的世界」

    columns
    ベルメールが日本に与えた影響
    ベルメールが見た『ホフマン物語』
    ベルメールの衝撃と影響ーー人形というアートの誕生
    創作人形が生み出された日々
    土方巽を刺激したベルメール
    球体関節人形の拡がりと浸透ーー人形の表現、受け入れ方は、世代をわたって進化していく。
    人と人のあいだに息づき、共に生きる人形


    出版社:ステュディオ・パラボリカ

    出版年:2009年12月

    B5判:160ページ

    定価:1500円(税別)



    こちらは新本での取扱になります。

    1,620円
    在庫あり
    注文数:
  • yaso# monster & freaks 夜想 モンスター&フリークス
    yaso# monster & freaks 夜想 モンスター&フリークス
    モンスターやフリークスの
    表現が世の中にあふれ始めている。

    時代に闇が訪れるとき、彼らは出現する。
    その時、人々の心のあり方が変わるのだ。

    ★works & interview
    ken nikai
    二階健/Dark Fantasist ~闇と光の調合師
    INTERVIEW●グロテスクなものこそ美しい
    mari shimizu
    清水真理/世界にただひとりの私ーーam I pretty?
    INTERVIEW●フリークスーー世界に唯一の存在だから美しい


    ★photography
    akimitsu naruyama
    ☆突飛な人々/成山画廊 コレクション
    成山画廊 成山明光●チャールズ・エイゼンマンについて

    ★body expression
    henrikku morisaki 
    ☆寺山修司/天井棧敷演劇における身体
    森崎偏陸●寺山修司を見続けた男

    kuniichi uno
    ☆土方巽の身体と言語、その振幅
    宇野邦一●畸形・モンスターのイメージにはじまって

    ★works / comics
    aquirax uno
    宇野亜喜良/乱歩讚江
    「芋虫」●江戸川乱歩

    koitsukihime + ken nikai
    ☆孤独の算数 solitary calculation
    DOLL●恋月姫 PHOTO●二階健

    keizo miyanishi
    宮西計三/単眼母子合ワセノ鏡 ★描下し4P
    nishioka brosis
    西岡兄妹/変身の記録●ブルーノ・シュルツ ★描下し18P

    ray caesar 
    レイ・シーザー
    --Little Heaven,Tiny Eden●天野昌直

    olaf brzeski
    オラフ・ブジェスキ
    --解説●スタフ・シャブウォフスキ/訳●管梓

    ★body work
    mame yamada
    ☆マメ山田/役者・マメ山田から見えている世界
    jun takahashi
    UNDER COVER 高橋 盾/服が服を食べる服

    ★literature / cinema

    yumi toyozaki
    豊﨑由美/現実を異化してくれる突飛なるものたち

    kazuko hisamori
    久守和子/醜いわが子」との「幸福だった日々」
    『フランケンシュタイン』執筆の頃のメアリ・ウルストンクラフト・シェリーを考える
    hajime ishida
    石田 一/銀幕世界の怪物たち
    masahiko inoue
    井上雅彦/もうひとつの怪物ランド


    Cinema & Books columnも充実!

    出版社:   ステュディオ・パラボリカ

    出版年:2009年12月

    B5判:160ページ

    定価:1500円(税込)



    こちらは新本での取扱になります。

    1,620円
    在庫あり
    注文数:
  • yaso#victorian 夜想 ヴィクトリアン
    yaso#victorian 夜想 ヴィクトリアン




    ヴィクトリア朝の光と闇。それは現代の光と闇の源泉。
    人の欲望が惹き付けられるものがこの時代に生まれた。
    100年以上が経過し、
    今の日本社会に再び浮かび上がるヴィクトリアンは、
    何を生むか。

    ★works & interview

    畠山直哉/Ciel Tombe[シエル・トンベ]
    INTERVIEW●そして天は墜ちた
    松井冬子/INTERVIEW●身体の奥底から発するもの

    Alice the Twins[双子のアリス]
    パトリック・ライアン[YAB-YUM]vs高木由利子
    NTERVIEW●パトリック・ライアン
    小池一子●「七歳半よ、きっかり。」 

    ★都市伝説 Urban Legend

    嶽本野ばら/書下し短編『at crystal palace』
    丸尾末広/描き下ろし:切り裂きジャック
    仁賀克雄/わたしの愛するヴィクトリア朝

    ★退化論 Degenerationism

    ☆進歩のなかの退化
    H・G・ウェルズのSF、あるいは後期ヴィクトリア朝の光と影/丹治 愛

    ★ヴィクトリアン・ライフ Victorian Life

    ☆photo&essay●日常のヴィクトリアン/楠本まき
    ☆モノ語り――ヴィクトリアンガールの本音を探して/村上リコ
    ☆photo&essay●天国のようなヴィクトリア時代の墓地/岩谷薫

    ★写真の時代 Photography

    ☆ヴィクトリア朝の光と闇
     英国写真黄金期のクウィアな視覚世界/神保京子
    ☆コスチュームとしてのヌード
     ルイス・キャロルの少女写真/飯沢耕太郎

    ★アリス・ギャラリー ALICE Gallery

    建石修志/部屋の片隅、微かに香りの……
    INTERVIEW●遍在するアリス、不在のアリス
    描き下ろし作品+凍結するアリスたちの日々に
    秋山まほ子●Doll Alice【新作】
    トレヴァー・ブラウン●ARISU【描き下ろし】
    七戸 優●Invitation【描き下ろし】
    山本タカト●アリスの選択【描き下ろし】


    ☆ラスキンの少女愛/富士川義之
    ☆差別の美的な配備/高原英理

    THE TIMELESS PRELUDE―victorian period & huge head
    ネオン・オクロック・ワークス
    ヴァーニャ・ズーラヴィロフ――死と儀礼の肖像●天野昌直

    ☆ヴィクトリアン読書案内/村上リコ



    出版社:   ステュディオ・パラボリカ

    出版年:2008年10月

    B5判:168ページ

    定価:1500円(税別)



    こちらは新本での取扱になります。

    1,620円
    在庫あり
    注文数:
  • yaso#svankmajer 夜想 シュヴァンクマイエル
    yaso#svankmajer 夜想 シュヴァンクマイエル




    大好評だった「yaso2マイナス 特集/シュヴァンクマイエル」に
    近作「ルナシー」を増補した改訂版。
    長く品切でご迷惑をおかけしていましたが、
    夜想のラインナップとして増刷いたしました。

    クレイアニメ、パペットアニメを始め、
    アニメーションの魅力をふんだんに味わえる
    シュヴァンクマイエルの特集です。
    デジタルアニメーションの世界も注目する
    触覚的な映像世界をお伝えします。
     
    「触覚的」とは最も身体性の高い感覚です。
    それを視覚で味わうという脳内刺激を与えてくれるシュヴァンクマイエル。
    グロテスク、だけどユーモラス。
    彼の触覚的映像を通して、
    触れるのも嫌、触れられたくないという感情、
    「身体の記憶」にもアプローチします。

    脳をくすぐる触覚への映像、触覚へのオブジェ 
     シュヴァンクマイエルへの質問 a to x
     ★ 質問者:くまがいマキ/訳:ペトル・ホリー

    ・嫌悪についてのアンケート 触覚をよびおこす、忌まわしさの記憶
     ★質問と考察:シュヴァンクマイエル

    ・シュヴァンクマイエル全作品解説 ★ 赤塚若樹
    ・想像力 ★ フランチシェク・ドリイェ
    ・映画の王道シュヴァンクマイエル ★ 手塚眞
    ・シュヴァンクマイエルとマニエリスム★川村二郎
    ・モノと人を同等にあつかう演出 ★ 佐野史郎
    ・シュヴァンクマイエルとゴシック小説 ★ 高山宏
    ・ヤンについて ★ エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー 
    ・オテサーネクについて★ シュヴァンクマイエル

    ・ルナシー★ 解説:くまがいマキ 
    ・シュヴァンクマイエル巡礼の旅 ★ 沖真理子
    ・BOOKS & VIDEO GUIDE ★ 沖真理子


    出版社:   ステュディオ・パラボリカ

    出版年:2007年8月

    B5判:159ページ

    定価:1500円(税別)


    こちらは新本での取扱になります。

    1,620円
    在庫あり
    注文数:
  • yaso#vampire 夜想 ヴァンパイア
    yaso#vampire 夜想 ヴァンパイア

    新・吸血鬼の世紀が今、幕を開ける。


    ヴァンパイアとドラキュラとノスフェラトゥ、そして吸血鬼。どう違うのかは、明確だったが、混同されてもいた。ドラキュラは、ストーカーの小説ではじめて登場する名前…。物語の名前。本物のドラキュラは存在しない。小説にするためのモデルは存在する。資料が豊富に公開されて、彼らの秘密は、白日のもとに晒された。夜想は「ヴァンパイア」特集で柩に眠るものたちを現代に解き放つ。

    解き放たれたヴァンパイアたちは、山本タカト、恋月姫、小島文美、丸尾末広たちに宿り、耽美に、華麗に描きだされた。夜想のために描き下ろされた至極の作品たちを戴冠し、夜想は2007年の秋に出版される。
    萩尾望都「ポーの一族」が大きくヴァンパイアの時代を変えた。アン・ライスをはじめとする女性の表現者が吸血鬼を描くようになる。吸血鬼は、時代を生き続ける「不死者」である。不死者を通じて、社会や、男性像、女性像を見ると、様々な心の闇が透けて見えてくる。そして耽美でゴシックな感覚も…。新・吸血鬼の世紀が今、幕を開ける。

    ●編集長/今野裕一

    ★せつない吸血鬼
    『ポーの一族』『インタビュー ウィズ ヴァンパイア』以降のヴァンパイア
    ☆佐藤嗣麻子「永遠という苦しみ」
    ☆小島文美「滅びの遺伝子をもつ吸血鬼」書下し新作+インタヴュー 
    ☆倉田淳withスタジオ・ライフ「ここにも孤独なひとがいる」
    ☆柿沼瑛子「アン・ライスのヴァンパイア像」

    ★Koitsukihime vs Hiroshi Nonami★Works
    恋月姫+野波浩「遥かなる眠り」夜想のための撮り下し新作!
    ★Suehiro Maruo★Works
    丸尾末広「吸血鬼王国」書下し作品
    ★Takato Yamamoto★Works
    山本タカト「目醒めの刻」書下し作品 
    ★Yasumasa Morimura★Works
    森村泰昌「なにものかへのレクイエム(レーニン)」

    ★Katan Amano+Ryo Yoshida★Works& Interview
    天野可淡『咬みつきたい』の吸血鬼人形と幻のスケッチ
    吉田良「吸血鬼人形に込められた思い」インタビュー

    ★Vampire Novels Part1
    ☆東雅夫「吸血鬼文学名作百選」
    ☆篠田真由美「龍の黙示録ー吸血鬼のイメージはこうして作る」
    ★Vampire Novels Part2 Classics
    ☆丹治 愛「ヴィクトリア朝を背景に誕生した『ドラキュラ』」
    ☆清水正晴「ドラキュラのモデルーヴラド・ツェペシュ」
    ☆「ドラキュラ」ブラムストーカー前史

    ★ヴァンパイア映画クラシックス
    the Vampire Cinema Classics Part 1
    ☆不死者は何度でも甦る / F.W.ムルナウ 「ノスフェラトゥ」 
    ☆ベラ・ルゴシの吸血鬼 /トッド・ブラウニング「魔人ドラキュラ」
    ☆受難する女たち /カール・ドライヤー 「ヴァンパイア」他
     the Vampire Cinema Classics Part 2
    ☆石田 一「二人のドラキュラ ベラ・ルゴシとクリストファー・リー」
         「米・英の吸血城 ユニヴァーサルとハマー・プロの吸血鬼映画」
    ☆梅本洋一「私たちは皆吸血鬼なのかもしれない
           ──アベル・フェラーラ『アディクション』について」
    ☆山田誠二「血を吸う銀幕 日本の吸血鬼映画」
    ☆明日香七穂「女吸血鬼が観た吸血鬼映画」 
    ☆吸血鬼ボボラカ Isle of Dead
    ☆ヴァンパイア映画参考リスト

    ★Simon Marsden+Kenichi Kawai★Works
    サイモン・マースデン「永遠の痕跡」
    解説:川合 健一 
    ★Vania Zouravliov+ Masanao Amano★Works
    ヴァーニャ・ズーラヴィロフ「furstin der finsternis」書下し作品
    解説:天野昌直
    ★Asahiko Sunaga
    須永朝彦「暗鬱なる美青年 美形吸血鬼 ベスト・テン」

    出版社:   ステュディオ・パラボリカ

    出版年:2007年11月

    B5判:184ページ

    定価:1500円(税別)



    こちらは新本での取扱になります。

    1,620円
    在庫あり
    注文数:
  • yaso#耽美 夜想 耽美
    yaso#耽美 夜想 耽美




    いま、夜想は、集大成を目指すのではなく、疑問を投げかけようとしています。耽美という概念が、日本の土壌のなかで、まったく異なった特殊な発展を遂げています。ヨーロッパで起こった耽美というイズム本来のものが日本的な文化としてどう変貌しているのか。変貌し続けているのか。畏怖、エロス、死の身体性が、この時代の美としてどうあるのか。その新たな貌を見ていきたいと思います。
    ●編集長/今野裕一

    WORKS & INTERVIEW
    ★ 楠本まき/描き下ろし作品「Till death Us Do Part」
    ★ 嶽本野ばら/短編作品書き下ろし「Double Dare」 イラスト/佳嶋
    ★ やなぎみわ/「フォーチュン・テリング」
    ★ 山口小夜子/「耽美の花と光」

    ★ 野波浩/「reflection」(新作あり)
    ★ 山本タカト/描き下ろし作品+インタビュー
    ★ 丸尾末広/「吸血鬼リレー」作品+執筆
    ★ 松井冬子/作品

    ★ 小谷真理/「耽美徒然」
    ★ 松岡正剛/「耽美の蠱惑」
    ★ ブックガイド「美を絶対の基準として」/森島章人

    ★ 写真術の誕生と耽美/神保京子
    細江英公「薔薇刑」/川田喜久治「世界劇場」
    グローデン/イヨネスコ/ホーランド・デイ他

    ★ 三島由紀夫特集
    ☆堂本正樹「三島由紀夫と「切腹ごっこ」——苦悶と歓喜の合一」
    ☆高橋睦郎「裸の三島由紀夫を撮った男、矢頭保の肖像」
    ☆矢頭保(やとう・たもつ)/飯沢耕太郎「OTOKOの物憂げな闇——写真家・矢頭保の世界」

    ★ 美貌のシネマ/鮫島サメ子
    ★ 皆川博子/橘小夢の世界
    ★ フローリア・シジスモンディ/作品「Immune」+インタビュー
    ★ 内藤礼/作品+インタビュー「綺麗なものを見て死にたい」
    ★ やなぎみわ+楠本まき/対談
    ★ 森園みるく/「きめら、愛のゲーム」
    ★ NARUTO/新作人形+インタビュー/撮影:吉田良
    ★ 佳嶋/ポップでアンソリットな耽美世界


    出版社:   ステュディオ・パラボリカ

    出版年:2006年4月

    B5判:184ページ

    定価:1500円(税別)



    こちらは新本での取扱になります。

    1,620円
    在庫あり
    注文数:
  • yaso#doll 夜想 ドール
    yaso#doll 夜想 ドール




    なぜ少女の人形が作られるのか? 
    澁澤龍彦やベルメールは、現在の人形作家にどんな影響を与えているのか。 
    人形には魂が宿っているのか? なぜ球体関節人形なのか?
    作家たちが真摯に答えるインタビューを中心に、 
    これまでの人形観を一変させる至極の編集。
    男の欲望のために人形が作られる時代は既に過去のものだ。● 今野裕一

    WORKS & INTERVIEW
    Koitsukihime
    恋月姫/ルナティック・パンテオン
    ★夜想のために作られた新作を誌上発表。全点撮り下ろし。
    ★作品の展覧会「ルナティック・パンテオン」を2004年12月、ART ZOON(京都・三条)で開催。
    ☆恋月姫が世界観を語る、ロングインタビュー。
    Etsuko Miura
    三浦悦子
    ★若手ナンバーワンの人形作家。新作を含めすべて撮り起こし。
    Mahoko Akiyama
    秋山まほこ /少女と初潮
    ★これまでの集大成となる、夜想のためのみずみずしい新作。

    Miwa Yanagi
    やなぎみわ ★作品の根底に流れる少女と人形について語る
    Louise Bourgeois
    ルイズ・ブルジョア ★オリジナル・インタビュー「人の形にこめられたもの」
    Floria Sigismondi
    フローリア・シジスモンディ ★作品「The Doll Parts」+インタビュー
    Jan Suvankmajer
    ヤン・シュヴァンクマイエル ★パペット・アニメーションの大家が人形について執筆

    ★タデウシュ・カントル 特集
    Tadeusz Kantor
    タデウシュ・カントル  ★「死の教室」の少年少女人形
    ★マネキン人形撮り下ろし/撮影:S・ルミャック
    ★カントル研究の第一人者・関口時正による世界で初めてカントルのマネキン論
    ★クリコテカ・ガイド(オリジナル取材)

    DOLL ARTIST'S ORIGINAL INTERVIEW
    Simon Yotsuya + Nori Doi + Ryo Yoshida + Hiroko Igeta + Yogu + Yoshiko Hori
    四谷シモン・土井典・吉田良・井桁裕子・与偶・堀佳子

    Mari Shimizu + Ichioh+Aya + Mitsukaz Mihara
    清水真理・一央+阿哉・三原ミツカズ


    人形愛と女性の謎/斎藤環 ★気鋭の精神分析医が人形愛の心理学的考察を試みる。

    BOOK Guide
    やなぎみわ・森村泰昌・森島章人・鈴木創士・川合健一・高原英理



    出版社:   ステュディオ・パラボリカ

    出版年:2004年10月

    B5判:174ページ

    定価:1500円(税)



    こちらは新本での取扱になります。

    1,620円
    在庫あり
    注文数:
  • yaso#goth 夜想 ゴス
    yaso#goth 夜想 ゴス




    マリリン・マンソンからゴスロリまで、ゴス・カルチャーに迫る。
    損傷は、美しく残酷な警告なのだ。これぞ、ゴシック!

    『夜想』がビジュアル誌になって復活しました。
    ビジュアルを楽しむだけでなく、
    『夜想』ならではのオリジナルインタビューもぜひ読んでみて下さい。
    ここには、驚きがあります。● 今野裕一

    WORKS & INTERVIEW
    Gottfried Helnwein
    ゴットフリート・ヘルンヴァイン / ゴシックアートの帝王
    Floria Sigismondi
    フローリア・シジスモンディ/ MODIFICATION & DESCONTRUCTION
    Trevor Brown
    トレヴァー・ブラウン / nurse maniac

    Kuniyoshi Kaneko
    金子國義のロマン文庫
    Hirohiko Ikeda + Slawomir Rumiak + Atsushi Tani + Pierre Molinier
    池田宏彦 /スワヴォーミル・ルミャック / 谷敦志 / ピエール・モリニエ

    BODY MODIFICATION / 身体改造
    Lukas Zpira +KEROPPY MAEDA
    ルーカス・スピラ + ケロッピー前田

    Marilyn Manson + Alice Auaa + Keizo Miyanishi
    マリリン・マンソン / アリス・アウアア / 宮西計三

    Gothic & Lolita
    Mitsukazu Mihara
    三原ミツカズ /死を受け入れる儀式
    ★描き下ろしイラスト
    ☆三原ミツカズが世界観を語る、ロングインタビュー。

    真説★ゴス・ポップ史概説 / LUV石川
    ゴシック&ロリータは、関西から生まれた / 鈴木真理子
    解剖医のゴスな日々 / 高柳カヨ子

    CINEMA & BOOK | Vampire | Gothic Romance | Bizarre Murdere
    小谷真理 ・ 須永朝彦 ・ 服部正 ・ 蜂巣敦

    出版社:   ステュディオ・パラボリカ

    出版年:2003年12月

    B5判:160ページ

    定価:1500円(税別)



    こちらは新本での取扱になります。

    1,620円
    在庫あり
    注文数:
  • 「母性と、その魔性〜呪縛が生み出す物語」 TH No.70
    「母性と、その魔性〜呪縛が生み出す物語」 TH No.70
    母性というのは、女性が母親として子供を生み育てる本能だと言われます。

    それは本能ではなく社会的・文化的に形成されたものにすぎない、という議論もありますが、
    そうした問題はさておいたとしても、母性というものが社会のさまざまな関係性を形作っているのは確かでしょう。

    その母性は、弱い者を庇護する面があると同時に、過剰な母性愛の押し付けや、逆に過剰な希求が、呪縛となって人を苦しめたりもします。
    そうした呪縛がなにをもたらし、また、どんな物語を生んだのか――

    「母がしんどい」などで多くの共感を呼ぶマンガ家・田房永子や、ラブドールを妊娠させた作品が話題になった菅実花のインタビューほか、神話や文学などさまざまな見地から俯瞰します。

    =================
    ■主な内容
    =================
    三浦悦子の世界〈5〉「母」
    村田兼一〜疑似観音から醸し出される、母性的な慈愛
    森環〜異形の風景に感じられる、危うさを秘めた母性
    菅実花インタビュー〜妊娠したラブドールが映す、人工的な女性と美の未来●ケロッピー前田
    七菜乃〜妊婦が孕む未知なる性
    映画「いぬむこいり」〜犬婿伝説をめぐる、カオスで壮大で突拍子もない物語!

    田房永子インタビュー〜母性だの、世間の声だのに惑わされるな。自分のリアルな声を尊重せよ。●あや野

    ただ、支配したいだけ●本橋牛乳
    「母性」のユートピア〜「処女」=「少女」=「母」的な事象を中心に●梟木
    三島由紀夫の同性愛と母性の不在●志賀信夫
    コンピュータRPG『MOTHER』に見る母性とその喪失〜ゲームと文芸を架橋して批評する●岡和田晃・田島淳・松本寛大・西村遼

    神々の黄昏と運命の女〜神話にみる、母性に潜む魔性●べんいせい
    ルイーズ・ブルジョワ《ママン》の情念の幾何学〜近親憎悪と母性原理の狭間で●並木誠
    母と息子は、似た者同士●日原雄一
    母に操られた父、騙された息子●友成純一

    《コミック》 DARK ALICE 21. ベデリア&タラ●eat
    《小説》愛しの卵●最合のぼる

    こやまけんいち絵本館28●こやまけんいち
    四方山幻影話31●堀江ケニー
    勃起する母性 vol.2●斎藤栗子
    一コマ漫画「天国と地獄」●岸田尚

    Review
    湊かなえ「母性」●待兼音二郎
    遠藤周作「沈黙」●本橋牛乳
    塚本晋也監督「KOTOKO」●梟木
    ジャネット・トッド「死と乙女たち」●市川純
    山下悦子「マザコン文学論」●沙月樹京
    春風亭百栄「マザコン調べ」●日原雄一
    ほか

    立体画家 はが いちようの世界16〜50分の1 トキワ荘●はが いちよう
    辛しみと優しみ28●人形・文=与偶
    書物の百物語《三》パラフィクションとしての『地獄変』●樋口ヒロユキ

    TH RECOMMENDATION
    アウトサイダー・キュレーター 櫛野展正インタビュー〜アウトサイドの作家たちと伴走し、その価値を世に問う●ケロッピー前田
    「19世紀パリ時間旅行—失われた街を求めて—」〜19世紀のパリ大改造前後の空気を絵画などから味わう
    「ベルギー奇想の系譜展〜ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」〜ベルギーで受け継がれる奇想の系譜をたどる
    「ジャコメッティ展」〜人間の本質に迫ろうとしたジャコメッティの大回顧展
    「TARO賞20年/20人の鬼子たち」展〜岡本太郎の"子どもたち"が爆発するとき●ケロッピー前田
    遠山涼音 創作人形展「静寂に寄り添う少女」〜人形らしい冷たさを求めて
    日隈愛香 個展「絲」〜生と死を結ぶ"糸"を探求
    インベカヲリ★写真展「車輪がはけるとき」/大塚咲セルフポートレート展〜隠されたものを写す
    「シリアルキラー展II」〜絵画に見る連続殺人犯の心の闇
    「GOTHII〜受胎」/高橋美貴展「辺獄(Limbo)」〜闇の世界に、生のエネルギーを感じ取る
    龍の小林正直 展「美の猛婦」〜燃えたぎり猛々しい、龍の生命力
    蟲川ギニョール 個展「蟲川ギニョール100のイラスト展」ほか〜独特の美学を貫く展示の数々
    映画「作家、本当のJ.T.リロイ」〜女装の男娼だったという美少年作家の、真の姿とは
    YoshiKing.「Dance! Pop Up Yourself!!」〜陽気さの中に危険な香り
    陰翳逍遥26〜「表層の冒険——抽象のアポカリプス」展、錬肉工房『西埠頭/鵺』、篠原有司男展 「我輩の絵にパンチが炸裂!」、『羽永光利 一〇〇〇』

    TH FLEA MARKET
    釣崎清隆、加納星也、友成純一、小林美恵子、小谷公伯、立原透耶、志賀信夫、ケロッピー前田、高浩美、村上裕徳、岡和田晃、いわためぐみ、三五千波 ほか

    表紙=堀江ケニー/モデル:七菜乃

    出版社:   発行:アトリエサード/発売:書苑新社

    出版年:2017年4月

    A5判:224ページ

    定価:1500円(税込)


    こちらは新本での取扱になります。

    1,500円
    在庫あり
    注文数:
  • 「死想の系譜〜いま想う、死と我々の未来」TH No.69
    「死想の系譜〜いま想う、死と我々の未来」TH No.69
    人は死を想うことで、さまざまな想像力を育んできた。

    いまの、そしてこれからの我々は、死に何を想うのだろう……?

    釣崎清隆×笹山直規によるメキシコ死体合宿レポ、LOVSTARのエッセイ漫画「死体愛好家」のほか、
    「死の舞踏絵画からブリューゲル、ボス、そしてヴァニタス」、「ショーペンハウアーの『自殺について』」、「ボルタンスキー巡礼」や、「即身仏から集合精神データへ〜SFにみる近未来の死生観」などなど、
    死を想うことで生まれてきた想像力から、未来の死生観のあり方などまで、多方面から「死想」を俯瞰します。 

    =================
    ■主な内容
    =================
    メメント・モリと、その現代日本における美学的超克●釣崎清隆
    釣崎清隆×笹山直規・メキシコ死体合宿〜死体を探し続けた1ヶ月間●笹山直規

    三浦悦子の世界〈4〉「白い蜃気楼」
    序文●沙月樹京

    河鍋暁斎〜文明開化の激動の中で生まれた、あの世への想像力
    川端龍子〜戦争に病…死を見つめることで生まれてきた名品
    ナタリー・ショウ/GENk〜この世でない世界にいざなうオカルティックな幻想
    椎木かなえ〜闇=彼岸に住まう、もうひとりの自分
    谷敦志〜タナトスの美をスタイリッシュに表現
    「Virgin Maria Princesses〜少女観音〜」〜人形の永遠の美に聖性・神秘性を幻想する

    逝くまで待って、フォーエバー〜『野火』や『楢山節考』、『ブンミおじさんの森』を見て死を想う●浦野玲子
    死想サヴァイヴ〜『発心集』から『魔法少女育成計画』まで●梟木
    ショーペンハウアーの『自殺について』と私●市川純
    死と踊りを想え〜Memento mori et chorus●志賀信夫

    ボルタンスキー巡礼〜豊島(てしま)・東京―誰かの不在を思うこと●高槻真樹
    死の舞踏絵画からブリューゲル、ボス、そしてヴァニタス〜概念として記憶された可能性としての死●べんいせい
    デス・ゲームに巻き込まれて気づく、退屈な日常の貴重さ●日原雄一
    ネクロポリス(死都)としてのアルベルト・シュペーア「ゲルマニア計画」●並木誠
    ぼくたちはずっと綱渡りをしている●本橋牛乳
    即身仏から集合精神データへ〜SFにみる近未来の死生観●待兼音二郎
    〝自然〟な死を求める●友成純一

    こやまけんいち絵本館27●こやまけんいち
    《コミック》 DARK ALICE 20. ウェンディ●eat
    《小説》死神の憂鬱●最合のぼる
    臨終の夢〜安部公房『カンガルー・ノート』をめぐって●斎藤栗子
    《コミック》 死体愛好家●LOVSTAR
    四方山幻影話30●堀江ケニー
    一コマ漫画「天国と地獄」●岸田尚

    Review
    トルストイ「イワン・イリッチの死」●梟木
    ミュリエル・スパーク「死を忘れるな」●本橋牛乳
    ベン・H・ウインタース「地上最後の刑事」●西村遼
    E・F・ベンスン「塔の中の部屋」●岡和田晃
    パトリック・ネス「怪物はささやく」●松本寛大
    山本聡美「九相図をよむ」●待兼音二郎
    大今良時「聲の形」●日原雄一
    「ザ・パシフィック」●田島淳
    ガス・ヴァン・サント監督「永遠の僕たち」●さえ
    ほか

    立体画家 はが いちようの世界15〜東屋(あづまや)●はが いちよう
    辛しみと優しみ27●人形・文=与偶
    書物の百物語《二》世界妖怪図鑑●樋口ヒロユキ

    TH RECOMMENDATION
    林千歩インタビュー〜自らがメイク&扮装で登場する! 映像を通じて湧き出る〝天然の才〟●ケロッピー前田
    池田学展「The Pen―凝縮の宇宙―」〜細密で壮大、120点が会する圧巻の大規模個展
    Hajime Kinoko / 一鬼のこ「花札美女緊縛」〜花札をモチーフにした植物と緊縛の美
    真木環 個展「プシュケの疵痕」〜傷つきながらも、したたかに人生という遊戯に遊ぶ少女たち
    町野好昭 個展「黒真珠 La perle noire」〜美と純潔の「真珠」を探り続けて
    須川まきこ展「Lady Amputee in powder Room」〜レースに飾られた少女たちの秘密の園
    Gallery Lucifer present's ピエール・モリニエ展〜倒錯的な性愛に耽溺した孤高な異端者
    山本一博 個展「明暗」〜子どもらを呑み込むドクロの洪水
    Shin3. 個展 Fetish & Bondage Photo「Sylvan (Small Box Vlll)」ほか〜私的な秘事を垣間見たかのような禁忌さ
    岸田尚 肖像画展〜豪華な面々が描く一人の女性の肖像
    「RoseKingdom-ロウズキングダム-」〜アンダーグランドな一夜
    舞踏舎天鷄 鳥居えびす作品SelectionⅠ「女中たち」〜ジャン・ジュネに触発された異色の舞踏を再演
    劇団四季 ミュージカル『ノートルダムの鐘』〜原作のドラマ性と深淵なテーマを舞台芸術で立体化●高浩美
    アート&カルチャーで世の中を面白くする!〜サディスティック・サーカスからヴァニラ画廊へ、そしてBar十誡――主宰・内藤巽に聞く●ケロッピー前田
    陰翳逍遥25〜キュンチョメ個展「暗闇でこんにちは」、SKANK/スカンク個展「ふ・ざい a bs e nt」、柳幸典「ワンダリング・ポジション」、塩田千春「鍵のかかった部屋」ほか●志賀信夫

    TH FLEA MARKET
    加納星也、友成純一、小林美恵子、志賀信夫、ケロッピー前田、高浩美、村上裕徳、岡和田晃、文学フリマ、三五千波 ほか

    表紙=堀江ケニー

    =================

    出版社:   発行:アトリエサード/発売:書苑新社

    出版年:2016年10月

    A5判:240ページ

    定価:1500円(税込)


    こちらは新本での取扱になります。

    1,500円
    在庫あり
    注文数:
  • 「聖なる幻想のエロス」TH No.68
    「聖なる幻想のエロス」TH No.68
    エロスとは、幻想だ。

    より強く「美の完全さ」を求め、より尊い精神的な愛を希求する
    エロスの聖なる幻想の世界へ、ようこそ!

    木村龍、村田兼一、甲秀樹、七菜乃、林良文などの作品を幻想のエロスの見地から解題・紹介したほか、「戦争とエロティシズム」、カナザワ映画祭「昼下がりの前衛的エロ映画特集」ルポ、「イケメンゴリラから日活ロマンポルノまで」など、さまざまなエロスのあり方を逍遥します。

    =================
    ■主な内容
    =================
    木村龍(人形)〜異形の幻想世界と、妖艶なエロスとの混交
    村田兼一(写真)〜〝魔女〟との深い交感によって生まれる、濃密なエロティシズム
    甲秀樹(絵画・人形)〜瑞々しい少年や青年から漲る官能の、繊細かつ大胆な表現
    七菜乃(写真)〜女体美への幻想力が生み出した〝女神〟
    江村玲(絵画)〜花に埋もれ蝶と戯れる、アンニュイな青年

    西牧徹(絵画)〜過激なエロスの情景を囲む、幻想の硬質な空気感
    林良文(絵画)〜自然の風景をも変貌させるエロスの幻想

    三浦悦子の世界〈3〉「七面鳥」
    「Trevor Brown×七菜乃」展〜絵画と実写を比較することで見えるエロスの本質
    つじのえる個展、Charmal展、きりさき個展〜うっすら漂うエロスが導く幻想

    序文●沙月樹京
    汗と茶豆●本橋牛乳
    セックス&バイオレンスの彼岸〜イケメンゴリラから日活ロマンポルノまで、純愛だの劣情だの●浦野玲子
    夢世界のエロス〜エロスと幻想の二十世紀●梟木
    前衛とエロスの異空間〜第10回カナザワ映画祭ルポ●高槻真樹
    戦争とエロティシズム●樋口ヒロユキ
    愛の渇き、欲望の超自我〜リビドーにまつわる生と死のお話●べんいせい
    黄泉の国からの性なる訪問者●日原雄一
    宗教とエロティシズム〜邪教、真言立川流と性●志賀信夫

    こやまけんいち絵本館26●こやまけんいち
    《コミック》 DARK ALICE 19. アレックス●eat
    《小説》青いドレスの女●最合のぼる
    四方山幻影話29●堀江ケニー

    Review
    エスキル・フォクト監督「ブラインド 視線のエロス」●さえ
    夢野久作「瓶詰の地獄」●梟木
    蓮實重彦「伯爵夫人」●本橋牛乳
    谷崎潤一郎「少将滋幹の母」●待兼音二郎
    オスカー・ワイルド「院曲 サロメ」●市川純
    作者不詳「ペピの体験」●岡和田晃
    アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ「薔薇の回廊」●田島淳
    ぴい「過剰妄想少年」●日原雄一
    ほか

    立体画家 はが いちようの世界14〜トルネ通りの風呂屋●はが いちよう
    辛しみと優しみ26●人形・文=与偶
    書物の百物語《一》死者の傀儡●樋口ヒロユキ

    TH RECOMMENDATION
    「DAVID BOWIE is」〜デヴィッド・ボウイの大回顧展!
    「少女の箱庭 biotope-ビオトープ」〜技法やモチーフなどが交錯し合う3人展
    ミルヨウコ個展「幻想の旅」〜強い意志をもち、幻想世界を旅する少女
    服部桜子・南花奈 2人展「彩/蜜」〜シンボリックに描かれる小宇宙
    山吉由利子個展「Entre le passè et le présent (過去と現在のはざま)」〜レトロな町で山吉由利子が個展
    「病気と『大正ロマン』展」〜〝病〟から見つめる、大正ロマンの時代
    「flowers of romance」〜花に何を思う? 花をテーマにしたグループ展
    土方巽没後三十年記念・B機関旗揚げ公演「毛皮のマリー」〜舞踏的技法を用いた新たな演劇
    ごとうゆりか“故”展「埋Φ葬 ノレ。」ほか〜ダークな幻想とアナーキーなパワー
    立島夕子個展「Silhouette」〜生きとし生けるものへの賛歌
    榎本由美個展「デラシネ〜根無し草女」〜漫画家・榎本由美が京都での初個展
    寫眞館ゼラチン個展「peep」ほか〜〝覗く〟をコンセプトに
    映画「雨にゆれる女」〜質感のある映像美で魅せる
    映画「エヴォリューション」〜「エコール」のアザリロヴィック監督の新作が、いよいよ公開!
    岡本光博『69』個展&作品図鑑〜《バッタもん》も《U.F.O.》も序の口。果てしなく続く「見えないモノ」をうつし出す鏡。●ケロッピー前田
    〈アジアフォーカス16〉レポート〜急成長するベトナム商業映画から、世界の外れで生を謳歌する映画、死と隣り合わせの映画まで●友成純一
    考古学者・大島直行インタビュー〜縄文の文様に秘められたシンボルと〝効き目〟。1万年のときを超え、あなた自身も縄文人になれる?!●ケロッピー前田
    陰翳逍遥24〜「鎌鼬美術館設立記念 KAMAITACHIとTASHIRO」、「七彩に集った作家たち」、ヘリ・ドノ展「HERIDONOLOGY」、「声ノマ 全身詩人、吉増剛造展」ほか●志賀信夫

    TH FLEA MARKET
    加納星也、友成純一、小林美恵子、釣崎清隆、志賀信夫、ケロッピー前田、高浩美、村上裕徳、岡和田晃 ほか

    表紙=木村龍 《H・B嬢》 (写真:田中流)
    =================


    出版社:   発行:アトリエサード/発売:書苑新社

    出版年:2016年10月

    A5判:208ページ

    定価:1500円(税込)


    こちらは新本での取扱になります。

    1,500円
    在庫あり
    注文数:
  • 「異・耽美〜トラウマティック・ヴィジョンズ」TH No.67
    「異・耽美〜トラウマティック・ヴィジョンズ」TH No.67




    耽美とはそもそも、道徳的な社会通念よりも、その個人が勝手に思い込んだ「美」というものの方を価値が高いと信じる反社会的な思想であり、それゆえ、異端でもあります。

    しかし昨今はその「耽美」という言葉も単に美を愛でることだけにも使われたり、少々安っぽくなったような?

    耽美という表現は、あくまでも反社会的であり、それゆえトラウマを植え付けるほどの強度を持っているべきなのではないか、と思うわけです。

    だから今回は、本来の耽美に立ち還る意味で、「異・耽美」特集。
    そしてそれはすなわち、「異端・美」でもあるのです。

    =================
    ■主な内容
    =================
    対談・沙村広明×森馨〜フィクションが生むトラウマ的美学
    林良文インタビュー〜大脳科学とエロスと死▼インタビュー・文=鈴木康平、ゲスト=谷敦志
    劇団態変・金滿里 インタビュー〜異物としての身体▼文・構成・インタビュー=志賀信夫
    舞踏家 ケンマイ インタビュー〜浄化に向かう両性具有的パンク舞踏▼文・構成・インタビュー=有科珠々

    三浦悦子の世界〈2〉「MYLENE」
    辛しみと優しみ25▼人形・文=与偶

    traumatic aesthetics
    森馨〜〝死〟へといざなう憐れの美学
    衣 HATORI〜負の感情が醸す、真の妖艶さ
    玉村のどか〜傷を引き受ける優しい視線
    真条彩華〜古来からの信仰を表象する、女神の妖しき視線
    安蘭〜美に殉じることで、束縛から放たれる
    夢島スイ〜トラウマを再生した幻想物語
    七菜乃×GENk〜傷だって、とても美しい

    ヴァニラ画廊「幽霊画廊Ⅲ」ほか〜トラウマ美学が大集合
    「クラーナハ展―500年後の誘惑」〜いまなお我々を誘惑する、妖しき裸体!
    「クエイ兄弟―ファントム・ミュージアム―」〜悪夢にも似た魔術的世界
    映画「眼球の夢」〜眼球へのトラウマが生むエロスと狂気
    本格文學朗読演劇 極上文學 第10弾『春琴抄』〜谷崎潤一郎の耽美世界を、男優だけの朗読演劇で描く▼高浩美

    エルトベーアトルテ▼写真・緊縛=一鬼のこ、文=井上文
    四方山幻影話28▼堀江ケニー
    こやまけんいち絵本館25▼こやまけんいち
    昇天するバレリーナ▼斎藤栗子

    《コミック》 DARK ALICE 18. カミラ▼eat
    《小説》ヲ耽美倶楽部▼最合のぼる
    《小説》少年果▼倉数茂、絵=三五千波

    私の耽美〜『禁色』とその周辺▼樋口ヒロユキ
    侘び寂び抜きの「和の耽美」〜『東海道四谷怪談』と『武州公秘話』にみる酸鼻と滑稽▼浦野玲子
    「死と乙女」の系譜と「オフィーリア」▼市川純
    少女愛〜反社会の系譜▼梟木

    トラウマが生んだ「むっつり」の美学をこじらせて▼日原雄一
    迷宮の涯て、幻視の風景〜ラビリンス、永遠に終わらない物語▼べんいせい
    私の異耽美・異端美ベストテン▼友成純一
    トラウマとイメージ、政治とメディア、スピンラッドとプロパガンダ▼本橋牛乳

    Review
    芥川龍之介『地獄変』▼梟木
    式貴士『虹のジプシー 完全版』▼松本寛大
    デイヴィッド・マドセン『グノーシスの薔薇』▼岡和田晃
    アレハンドロ・ホドロフスキー監督「リアリティのダンス」▼梟木
    ラース・フォン・トリアー監督「エレメント・オブ・クライム」▼沙月樹京
    トーマス・アルフレッドソン監督「ぼくのエリ 200歳の少女」▼田島淳
    柳家喬太郎「アナザーサイド」▼日原雄一
     ほか

    立体画家 はが いちようの世界13〜日本軽石興業株式会社▼はが いちよう

    TH RECOMMENDATION
    エレ・マナ・フェスティンがけん引する、フィリピン部族タトゥーのリバイバル運動▼ケロッピー前田
    ムッシュ・モウソワール演出・西田シャトナー伯 インタビュー〜演劇はそもそも人間の想像力で成り立っている〝祝祭〟▼高浩美
    『生きる尊厳―岡本太郎の縄文―』〜日本美術史の最初のページを書き換えた、岡本太郎と縄文土器との衝撃的な出会い▼ケロッピー前田
    北見隆 個展〜本の形をしたワンダーランド!
    「ギーガー―陰翳の廻廊―」展ほか〜脳裏に刻みつけられた強烈なヴィジョン
    「絵のお化け 松村光秀トリビュート展」〜松村光秀に敬意を表した異端美展
    伊東明日香・平野果林 2人展「Sex and Death」〜モノトーンで描く、性と死の深淵
    羅入 個展「識閾上の死」〜密教のヴィジョンを体現し、境界を打ち抜く
    武井裕之写真展「さよなら10代―Make it count」〜10代を終える少女のうつろい
    「つくばワールド怪談フェスティバル2016」〜古民家で、夜を徹しての〝怪談〟
    「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2016」〜アジア映画に出会いに行こう
    蟲川ギニョール個展「ぎにょぴ 戯ー画ー展(ぎーがーてん)」〜ポップで可愛らしく、だけど残虐
    絵楽塾〜甲秀樹による絵楽塾、第4期生募集中!
    「艶惨・伍」〜ハードな作品集うアートフェス
    髙山基成 個展「少女緋」〜儚く、尊い少女たち
    岸田尚 個展〜天使画から少し脱皮
    ねこぢる・ねこぢるy・山野一 作品展「ねこぢるのなつやすみ」〜怪しい夏休みをあなたに!
    ディープでヤバい旅の本『クレイジー・トリップ』
    陰翳逍遥23〜鵺的「悪魔を汚せ」、糸あやつり人形芝居『ゴーレム』、演劇実験室万有引力「呪術音楽劇 犬神」ほか▼志賀信夫

    TH FLEA MARKET
    加納星也、友成純一、小林美恵子、釣崎清隆、志賀信夫、ケロッピー前田、高浩美、村上裕徳、岡和田晃 ほか

    表紙=堀江ケニー(モデル:夢島スイ)
    =================



    出版社:   発行:アトリエサード/発売:書苑新社

    出版年:2016年7月

    A5判:224ページ

    定価:1500円(税込)


    こちらは新本での取扱になります。

    1,500円
    在庫あり
    注文数:
  • 「サーカスと見世物のファンタジア」TH No.66
    「サーカスと見世物のファンタジア」TH No.66

    サーカス・見世物には光と影がつきまとう。



    サーカス・見世物には光と影がつきまとう。
    われわれを惹きつける、夢と禁忌の国を
    道化などをキーワードに探っていこう。

    =================
    ■主な内容
    =================
    「映画 少女椿」〜いまだカルト的人気を誇る丸尾末広『少女椿』が、まさかの実写映画化!
    丸尾末広「少女椿」〜「奇形」のものとそうでないものが、渾然一体となって読者を混沌へと導く▼梟木

    三浦悦子の世界〈1〉「曲芸師たちの晩餐」
    こやまけんいち絵本館24〜屋根のうえの空中ブランコ▼こやまけんいち
    セルフポートレイトという、サーカス▼珠かな子
    四方山幻影話27〜アメリカのカーニバル一座でバイトしてたころ▼堀江ケニー

    「CLOWN CIRCUS 2016GW公演 Gibberish&Babbling」〜人形らが繰り広げる架空のサーカス公演!
    特別企画HNコレクション「シリアルキラー展」〜連続殺人鬼たちの心の闇を垣間見る

    消えていく道化〜道化的知性は復権するか▼樋口ヒロユキ
    現代道化考〜現代サブカルチャーにおける道化の役割▼梟木
    らくだ・ランカイ屋・オリンピック〜パンとサーカスと愉快な仲間たち▼浦野玲子
    奇異なるものへの憧憬〜あるいは、健常者の欲求を嗜める者達の物語▼べん いせい
    見世物としての公開処刑〜古今東西、花の乙女の首級は、いかに野次馬の興奮に火をつけたか▼待兼音二郎
    「からくりサーカス」を読むということをめぐる、えーと、その何かいろいろなこと。▼本橋牛乳
    「舞踏と見世物」考〜キャバレーとエンタテイメント▼志賀信夫

    《コミック》 DARK ALICE 17. エイルマー▼eat
    ピエロはどうして笑ったか▼斎藤栗子
    《小説》一本足の道化師▼最合のぼる
    福助と見世物▼川勝徳重
    これが現代ならではの、見世物小屋?!〜「Mise Mono Go! Yeahhh!!!展」

    フランスのサーカス〜貧乏サーカスからヌーヴォー・シルクまで▼有科珠々
    サーカスの闇に呑まれし者ども▼日原雄一
    見世物空間はユートピア▼友成純一

    Review
    アレックス・デ・ラ・イグレシア監督「気狂いピエロの決闘」▼さえ
    スティーヴン・ミルハウザー『ナイフ投げ師』▼梟木
    トム・リーミイ『沈黙の声』▼田島淳
    中村明日美子『コペルニクスの呼吸』▼日原雄一
    ロベルト・ウイーネ監督「カリガリ博士」▼市川純
    フェデリコ・フェリーニ監督「道」▼岡和田晃
    林海象監督「二十世紀少年読本」▼林朝子
    ほか

    立体画家 はが いちようの世界12〜人形のための鬘(かつら)を売る店▼はが いちよう
    辛しみと優しみ24▼人形・文=与偶

    TH RECOMMENDATION
    菊地拓史 オブジェ展「swing-by」〜幻視の錬金術師による思索的な光景
    村田兼一「作家生活20周年を斜めから観る」展〜〝作品になれなかったものたち〟を、なんと、白日のもとに
    KCN個展「帝国の曙」〜懐かしくも、異国的な空気感
    日野まき+中井結二人展「いつもみたいに靴ぬいで」〜幻想的なペーパードールとエロス漂う緻密な鉛筆画
    清水真理個展〜清水真理が、ロスの個展の凱旋展
    二階健 監督「パラケルススズ・ホムンクルス」〜二階健の映像美学に陶酔
    中ハシ克シゲ「もっと面白くなるかもしれない。」〜最小限の動作で生まれた粘土の塊
    「異界の静国〜future deadlock」〜祇園祭中の京都に出現する異界
    「人造乙女美術館」〜アートに昇華されたラブドールの美
    _underline exhibition「Room No.0002.2016 Cold, ....and..Relax.」〜ラテックス手袋が生み出す異空間
    珠かな子 改名記念展「マタギタマ」〜マタギとして少女と対峙する
    「ニンフェットの森〜乙女の聖域展」〜蠱惑的な小悪魔たち
    塙興子展「さかしま〜愛を求める人々〜」〜28年間、マニアを描き続けて
    麦盛なぎ・大橋忍二人展「のーぷろぶれむ家族」〜宙を泳ぐかのような切り絵
    PREMIUM 3D STAGE『残響のテロル』演出・奥秀太郎インタビュー〜〝新しい被爆〟を体験した日本人に何が出来るか問いかける▼高浩美
    「岸田尚 肖像展4」〜錚々たる肖像競作展が今年も開催!
    夢野久作「ユメノユモレスク」〜幻想的銅版画が夢野久作の世界を彩る
    藤田直哉 編・著『地域アート 美学/制度/日本』〜日本のアートシーンを徘徊する前衛のゾンビたち▼ケロッピー前田
    パリ・アートレポート/身体から考古学へ、表現の自由から政治へ〜クレール・アルテミス/ロマン・スロコンブ▼ケロッピー前田
    ミュージカル『ウェストサイド物語』〜よりリアルに!を追求、新演出でも感動は変わらない▼高浩美
    陰翳逍遥22〜映画『LISTEN』、メンヘラ展 Dream、NEO春画展、伴田良輔作品展「MANIERA」ほか▼志賀信夫

    TH FLEA MARKET
    加納星也、友成純一、小林美恵子、釣崎清隆、志賀信夫、ケロッピー前田、高浩美、村上裕徳、岡和田晃、小谷公伯 ほか

    表紙=堀江ケニー(モデル:さち)
    =================


    出版社:   発行:アトリエサード/発売:書苑新社

    出版年:2016年1月

    A5判:224ページ

    定価:1500円(税込)


    こちらは新本での取扱になります。

    1,500円
    在庫あり
    注文数:
  • 「食と酒のパラダイス!」TH No.65
    「食と酒のパラダイス!」TH No.65

    食と酒で愉しむ
    アート&フィクション!


    西牧徹セレクションにより、
    現代海外アーティストによる
    食をモチーフにした一風変わった作品を
    数多く紹介した他、
    食品を使ってトリッキーな作品を生み出している
    日本画家・服部桜子、
    食に対する、嫌忌と欲望から生み出された
    水彩画家・たまの作品などをピックアップ!

    また、小説や映画、コミックなどに登場する
    奇妙な食や酒の光景を解題&紹介。

    料理研究家・上田淳子インタビューもあり。

    ===================
    ■主な内容
    ===================
    西牧徹インタビュー&セレクション
      現代海外作家による奇妙な食の愉しみ
      ●取材・文=沙月樹京
     ▽リン・ビアンキ〜食を楽しむ快楽主義の理想郷
     ▽ウィル・コットン
        〜濃密でリアリティのある色彩表現
     ▽ディルク・スタッシュケ〜トリッキーな立体作品
     ▽イワン・アリファン、モニカ・コック、
      アンドレア・コウホ、キム・ディングル、
      レアンドロ・エルリッヒ

    服部桜子〜食品を使って仕掛けられた、
      巧みな視覚的トリック
    たま〜食に対する、嫌忌と欲望のせめぎ合い
    ニコ・ピロスマニ〜純朴に描かれた、酒飲みへの賛歌

    西牧徹インタビュー付録
     /おすすめの映画・小説についても聞いてみました。
      ●取材・文=沙月樹京
    Review
      〜食べ物や酒で愉しむ小説・映画・マンガなどなど
      42作品!
      ●市川純・梟木・沙月樹京・日原雄一

    厭な食卓
      〜「最後の晩餐」から、
      「家族ゲーム」「悪魔のいけにえ」、
      そして「鬱ごはん」まで●梟木
    鍋の中の秘事
      〜女性作家と食をめぐるあれこれ●浦野玲子
    小津安二郎と文化的美食考●志賀信夫
    おいしい、まずいは、状況次第?
      〜こんな場面で「いただきます!」●日原雄一
    アリスのお菓子〜栗饅頭からタルトへ●市川純
    『ダンジョン飯』から広がる
      ディープなファンタジーゲームの世界
      ●岡和田晃&田島淳

    《コミック》 DARK ALICE 16. ドリー●eat
    四方山幻影話26●写真=堀江ケニー
    《小説》お菓子な家●最合のぼる

    バッカスの夢〜人類と酒のお話●べんいせい
    Sake is wounderful!
      〜「戦場のメリークリスマス」または、
      酒が結ぶ人のつながり
      ●樋口ヒロユキ
    摩訶不思議なバー「TARUHO」●西川祥子
    お酒を語るということ〜お酒の持つ物語と「神の雫」
      ●本橋牛乳
    インドネシアのココナッツ酒アラックは、
      覚醒剤も同然!?
      ●友成純一
    日本とフランスを繋ぐ美味しい料理
      〜料理研究家、上田淳子インタビュー
      ●文=有科珠々/写真=上田淳子

    TH RECOMMENDATION
     表現規制や著作権に挑む気鋭の芸術家・岡本光博
       〜創作の経緯と、その原点としての超常体験
       ●ケロッピー前田
     国際人形展「Fusion Doll」に参加して
       〜パラジャーノフの原風景、アゼルバイジャンへ
       ●清水真理
     日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展
       〜なんてドラマチックな、光と影!
     「象徴の幻視とイマージュの遊泳者」展ほか
       〜シュルレアリスムに触れる
     夢島スイ個展「わたしの小さな棺─My Little Coffin」
       〜「棺」は、新たな魂が旅立つ、誕生の場
     夜乃雛月個展「ぼくはカメレオン」
       〜怪しい世界は心地よい
     ミヤタケイコ展(仮)
       〜かわいいけど、ちょっと怖い、ぬいぐるみ
     谷敦志写真展2016
       〜写し出されたのは、内面のゆらぎか?
     北村ケイ写真展
       「Analysis of the world 世界の解剖」ほか
       〜ダークな世界に溺れる
     舞台「死刑執行中脱獄進行中」
       〜荒木飛呂彦の原作をダンサーを使い、
       フィジカルな舞台に●高浩美
     清水真理 個展「Wachtraum〜白昼夢〜」
       〜映画に出演した人形が大集合
     創作人形三人展「桜桃夜曲」
       〜次代の人形作家たちが集う
     有末剛・巡 二人展「インモラル フレイム」ほか
       〜芸術としての緊縛を追究
     浦和画家 小林正直展〜大迫力の龍と虎が吼える
     日野まき+中井結弐人展
       「いつもみたいに靴脱いで」ほか
       〜古民家ギャラリーで4つの展示が連動開催
     ピーター・ブルック「バトルフィールド」
       〜極限まで削ぎ落とした舞台で、
       人類の行末を問う●高浩美
     フラゴナール博物館とパリの巨大地下墓地カタコンブ
       〜人体標本の最高傑作「黙示録の騎士」を巡る旅
       ●ケロッピー前田
     陰翳逍遥21
       〜横尾龍彦展、鴻池朋子展、
       ケンジ・ベルトー=鈴木展ほか●志賀信夫
     ほか

    立体画家 はが いちようの世界11〜孤独の世界
      ●はが いちよう
    辛しみと優しみ23●人形・文=与偶

    TH FLEA MARKET
     加納星也、友成純一、高槻真樹、小林美恵子、
     志賀信夫、ケロッピー前田、高浩美、
     いわためぐみ ほか

    表紙=ニコ・ピロスマニ
    ===================





    出版社:   発行:アトリエサード/発売:書苑新社

    出版年:2016年1月

    A5判:224ページ

    定価:1500円(税込)


    こちらは新本での取扱になります。

    1,500円
    在庫あり
    注文数:
  • 「ヒトガタ/オブジェの修辞学」TH No.64
    「ヒトガタ/オブジェの修辞学」TH No.64

    ヒトガタとオブジェのはざま――


    そこには、われわれを惹き付けてやまない
    何らかの磁力が満ちている。

    新作品集を出版する三浦悦子と
    その作品を撮影した吉田良との対談や
    マツコロイドなどで知られる石黒浩教授インタビュー、
    生人形やゴーレム伝説などまで
    さまざまなヒトガタ/オブジェに耽溺する特集

    ===================
    ■主な内容
    ===================
    対談・三浦悦子×吉田良
      〜三浦悦子が生み出す先鋭的オブジェ・ドールに、
       吉田良が与えた新たな息吹。●沙月樹京
    映画「さようなら」
      〜人とアンドロイドとが共生する未来へ向けて
       石黒浩教授インタビュー●徳岡正肇
    綾乃テン インタビュー
      〜人形は、器として存在することで、人と繋がれる
       ●斎藤栗子

    上原浩子〜ポストヒューマンな世界観を描く
      ハイパーリアルな人体像●樋口ヒロユキ
    清水真理/映画「アリス・イン・ドリームランド」
      〜清水真理の人形が演じるドリームランド
    菊地拓史×森馨「Square and Circle」
      〜オブジェにおけるヒトガタ

    伽井丹彌人形展〜妖艶なエロス放つ、等身大人形
    林美登利・ホシノリコ・長尾都樹美「聖玻瑠の天蓋」
      〜人形たちに込められた想念を垣間見る
    スズキエイミ・泥方陽菜2人展「出来損ないの神様は」
      〜妖しきコラボレーション

    トレヴァー・ブラウン
      〜リアルに描かれる人形のような少女
    七菜乃〜オブジェ=器としての、カラダ

    四方山幻影話25●堀江ケニー
    こやまけんいち絵本館23
      〜オオカミの被り物●こやまけんいち
    立体画家 はが いちようの世界10
      〜昭和初期の真岡駅●はが いちよう
    辛しみと優しみ22●人形・文=与偶

    《コミック》 DARK ALICE 15. サティ●eat
    《写真小説》 Dr.Odd's mad collection vol.5
      〜おともだち●最合のぼる×Dollhouse Noah

    敗者の人形史〜藁人形・生人形・福助人形を中心に
      和のヒトガタ考●浦野玲子
    生人形の系譜〜江戸のスーパーレアリスム●志賀信夫
    ヒトガタに魂は宿るのか
      〜ゴーレム伝説と綾波レイ●べんいせい
    人造美女、または(克服されざる腐敗)●梟木

    わたしのものではないわたしの身体
      〜レム&クエイ兄弟版「マスク」比較●高槻真樹
    役に立たない、趣味の人体改造〜肉体玩具の楽しみ
      〜「武器人間」「悪魔のはらわた」他●友成純一

    「”inochi”2015〜考える手〜」レポート
     〜人形劇は人間の発見の術を携えている。●宮田徹也
    アブナイぬいぐるみ依存症●日原雄一
    蝋燭の人形●西川祥子
    不在●本橋牛乳

    Review
     木々高太郎「睡り人形」●林朝子
     澁澤龍彥「人形塚」●梟木
     平野嘉彦「ホフマンと乱歩 人形と光学器械のエロス」
       ●市川純
     写楽麿原作・小畑健漫画「人形草紙あやつり左近」
       ●日原雄一
     ほか

    TH RECOMMENDATION
     「横尾忠則 続・Y字路」展
       〜絵画の普遍性を探求する実験場●荊冠きざき
     村田兼一個展「木枯らしの少女」(仮題)
       〜人形化というタナトス
     Kamerian.×MIRAI 2人展「kaleidoscope」
       〜アニメ的な絵柄で描く相反する女性像
     カレン・サイア他「Atrementum」
       〜ダークでフェティッシュなエロティシズム
     根岸美穂、MASAKO「AAMOF」
       〜作品に潜んでいる思い
     「幻想美術の現在」〜想像力を飛翔させる幻想
     「火の鳥とキツネのリシカ」
       〜チェコの民話をモチーフに
     後藤亜希子・本田さとし・山中綾子3人展「限会」
       〜限界の先は?
     「猟奇歌〜夢野久作へのオマージュ展」
       〜久作資料の展示も
     村田タマ写真展「いまは、まだ見えない彗星」
       〜セルフポートレートは私の膿
     「少女乃夢」〜少女のエロスとグロテスク
     点滅 ソロ舞踏公演「トロル」〜トロルの伝説を舞踏に
     三輪浩光 写真展「血を吸うカメラ」
       〜強烈に個性的なアーティストの肖像
     塙興子 個展
       〜彼岸を垣間見るかのような塙の細密なペン画
     じゃぽにか最後の個展
       「普通のトモダチにもどりたい」 〜本当に解散し
        ちゃったの??  ”解散”を経て不死身となった
        じゃぽにか(解散中)●ケロッピー前田
     「サディスティック・サーカス2015」
       〜日本最高峰!! 世界に誇る一夜限りの見世物小屋
        ●ケロッピー前田
     陰翳逍遥20〜「BEYOND STUFF」
      「羽永光利による前衛芸術の“現場” 1964-1973」
      「井桁裕子新作展―片脚で立つ森田かずよの肖像」
      「SLOW MOVEMENT」ほか●志賀信夫
     ほか

    TH FLEA MARKET
     加納星也〜草原の実験/紙上の私見
     友成純一〜インドネシア映画の牽引車、ミラとリリ
     釣崎清隆〜塚本晋也『野火』と日本映画の終焉
     小林美恵子〜『僕たちの家に帰ろう』
     志賀信夫〜ニオシュ、勅使川原三郎、佐東利穂子ほか
     ケロッピー前田〜人類史上最大のタトゥー展
     岡和田晃〜『ストームブリンガー』第二版
     高浩美〜手塚治虫原作の舞台、宮川彬良インタビュー
     村上祐徳〜ロンブローゾの思想とその系譜〈19〉
     いわためぐみ〜なかんじょ劇団に参加して
     TH特選品レビュー
     芽部通信

    表紙=三浦悦子(人形)・吉田良(写真)



    出版社:   発行:アトリエサード/発売:書苑新社

    出版年:2015年10月

    A5判:224ページ

    定価:1500円(税込)


    こちらは新本での取扱になります。

    1,500円
    在庫あり
    注文数:
  • 「少年美のメランコリア」TH63
    「少年美のメランコリア」TH63

    稲垣足穂は記した。

    「少年の命は夏の一日である。
     (中略)青年期へ足をかけ、ペニス臭くなったら
     もうおしまいである」
              (『少年愛の美学』)

    少年の美とは、一瞬のうちに通り過ぎて行くものだ。

    鉱物や貝殻などが「少年」と親和性があるのも、
    鉱物や貝殻は、美が凍結された永久不変のもので
    あるからに他ならないだろう。

    また、もしかしたら少年愛というものは、
    その「少年」に「ペニス臭さ」を幻想してしまう
    倒錯のことを言うのかもしれない。

    いずれにしろ少年美には、
    それが失われてしまうであろう予感によって、
    メランコリア=憂鬱がつきまとう。

    美しきこの瞬間に、ようこそ。 

    ===================
    ■主な内容
    ===================
    七戸優〜知的好奇心に溢れた純粋な少年
    甲秀樹〜少年と被虐の嗜虐のファンタジー
    neychi〜囚われの少年に心奪われて
    カネオヤサチコ〜クズだからこそ愛おしい、おにいさん
    神宮字光〜少年人形だからこそ、自由にイメージを
      練り込める
    清水真理〜中性的な魅力漂う少年

    逆光の少年時代〜大人を支配するこどもをめぐって
      /「トワイライト・ゾーン」と「ベニスに死す」
      ●樋口ヒロユキ
    一番幸せだったのは子供の時代
      〜タルコフスキーが描いた少年たち●忍澤勉
    地中海の小村に華開いた少年愛
      〜グレーデン男爵とタオルミナ●志賀信夫

    ボーイ・ソプラノの魅力と儚さ
      〜バッハのカンタータを例に●市川純
    妊婦はBLの夢を見るか?
      〜興福寺阿修羅像と稲垣足穂『少年愛の美学』
      ●宮野由梨香
    少年であること、少年に擬態すること
      〜無垢と性的欲望の間で
      /稲垣足穂・谷崎潤一郎・萩尾望都●べんいせい
    意思を持たない「少年」〜我々の愛する敬虔な犠牲者
      /維新派「透視図」と中島梓「少年学入門」
      ●荊冠きざき
    時分の花を過ぎても
      〜弘法大師からジャニーズまで永久不滅の少年美
      ●浦野玲子
    ペッパー君とワトソン君〜人を堕落させる少年たち
      ●本橋牛乳

    「少年愛の美学〜君なくして何の薔薇〜」展
      〜定評ある少年の描き手が集う
    四方山幻影話24●写真=堀江ケニー
    こやまけんいち絵本館22〜少年サーカス団の憂鬱
      ●こやまけんいち

    《コミック》 DARK ALICE 14. ギディオン●eat
    《写真小説》 Dr.Odd's mad collection vol.4
      〜僕の天使●最合のぼる×Dollhouse Noah

    『半ズボンの神話』を読む●斎藤栗子
    母性のディストピア
      〜「少年」の消失と「成熟」の喪失●梟木
    忘れてきた星座早見表
      〜『星の王子さま』が教えてくれるもの●西川祥子
    私が愛したマジキチ少年アラカルト●日原雄一
    美少年は大好物!! ●あや野

    Review
     三島由紀夫「豊饒の海」●梟木
     澁澤龍彦「菊燈台」●梟木
     北杜夫「みずうみ」●日原雄一
     須永朝彦「美少年日本史」●沖沢あきら
     ベルナール・フォコン「飛ぶ紙」●沙月樹京
     ほか

    TH RECOMMENDATION
     「ヴェネチア・ビエンナーレ2015」レポート
       〜社会問題と対峙するアートの現在!!
       ●ケロッピー前田
     シリーズ日本の前衛2「中島由夫の軌跡
       〜アンビートからスウェーデンへ」●志賀信夫
     キュンチョメ×サエボーグ〜岡本太郎の陰と陽
       /TARO賞、頂上対決再び●ケロッピー前田
     屋久島に生きる舞踏家、藤條虫丸インタビュー
       〜身体を巻き添えにしたひとつの生き方の方法論
       ●有科珠々
     「井桁裕子 新作展・片脚で立つ森田かずよの肖像」
       〜井桁裕子が人形で表現する人の本質
     安蘭個展「Baroque Pearl」
       〜歪んだ“美”こそ、人の心を灯す
     「ephemeral〜少女たちの領域」展
       〜独自の少女表現を生み出している国内外の
       作家が集合
     『SNOW KINGDOM』
       〜厳寒の地で、死を感じながら美に身を任せる
     「画鬼・暁斎―KYOSAI 幕末明治のスター絵師と
       弟子コンドル」〜画鬼・暁斎の貪欲な魂を見よ!
     「幻獣神話展Ⅱ〜遙かなる憧憬との対峙」
       〜未知なるものへの想像力の競演!
     中村キク個展〜ピュアなものへの愛おしさ
     「異色の鉛筆画3人展」(仮)
       〜従来の枠組みから逸脱した、鉛筆画家3人展
     「幽霊画廊Ⅱ〜恨みのあやかし八丁目」
       〜ヴァニラならではの幽霊画展
     根橋洋一個展「乙女細工」/「やさしい禁忌」展
       〜甘さとダークさとの混淆
     Toru Nogawa×森馨 2人展
       「機械仕掛けの輪舞曲/Clockwork Rondo」
     「林美登利人形展 in 沖縄」〜コレクターにドレス
       アップされた林美登利の人形
     岸田尚 個展〜天使として描き、浄化する
     三条友美 処女個展「少女裁判〜人形になりたい罪、
       人間になりたい罰」〜生来の妄想を具現化した
       エロスと残虐の世界
     田仲ハル、早乙女宏美「怪談」
       〜切腹の女王と舞踏家による“怪談”
     サディスティックサーカス2015
       〜禁断の真夜中のサーカス
     名栗の杜〜名栗の杜がリニューアル
     小田嶋早世 個展
       〜おしゃれなフェティッシュイラストレーション
     「"inochi”2015〜考える手〜」
       〜人形演劇の世界はなんて多種多彩!
     榎本由美・木村友美展
       「Dancemacabre La Raven」
     「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2015」
       〜今年もアジア各国から刺激作が集合!
     Yoschi's SHOW
       〜ドイツ帰りのエンターテイナーの卵
     「ムカデ人間3」
       〜狂気で異常で変態、マジヤバな問題作
     陰翳逍遥19〜追悼・室伏鴻、日影眩展、
       フリオ・ゴヤ展ほか●志賀信夫
     ほか

    立体画家 はが いちようの世界9
       〜ワンス・アポン・ア・タイム●はが いちよう
    辛しみと優しみ21●人形・文=与偶

    TH FLEA MARKET

    1,500円
    在庫あり
    注文数:
  • 交通表象 第一号
    交通表象 第一号
     ―川に橋、山に峠、道に人。―


    鉄道、自動車、航空機、船舶、道路、都市、インフラなど"交通"に関するすべてを対象とした自由投稿誌。
    人文学系、工学系、趣味系なんでもアリのコミケ鉄道島としては数少ない総合同人雑誌。
     
    ・交通・まちづくり先進都市「長野市」を歩く
    ・都市の裾野
    ・矢作川を跨ぐ交通(前編)
    ・大阪渡船散歩
    ・まぼろしの岐垣鉄道
    ・鉄道と路線バス、そのスタイリング
    ・近畿日本鉄道一般型車両 形式の変遷(前編)


    発行:交通人文前衛社
    判型:A4 64ページ
    発行日:2016/8


    1,188円
    在庫あり
    注文数:
  • 交通表象 第二号
    交通表象 第二号
     ―この道は、いつか来た道。―


    鉄道、自動車、航空機、船舶、道路、都市、インフラなど"交通"に関するすべてを対象とした自由投稿誌。
    人文学系、工学系、趣味系なんでもアリのコミケ鉄道島としては数少ない総合同人雑誌。
     
    ・マイカー時代前夜の「帰省ラッシュ」
    ・湖底の道 ―徳山村交通縁起
    ・名古屋の戦災復興と地下鉄の発展
    ・神戸市における新交通システム事業と関係する交通網の変遷
    ・名鉄電車私観 パノラマカーからの脱却
    ・都市の上書きと街道 名古屋市内の飯田海道(前編)
    ・堺駅の足跡 ―街と駅、時代をたどって―
    ・志摩線の旧線を歩く(前編)
    ・近畿日本鉄道一般型車両 形式の変遷(後編)

    発行:交通人文前衛社
    判型:A4 76ページ
    発行日:2016/8


    1,188円
    在庫あり
    注文数:
1

(カテゴリ内:27点)

表示件数: